介護請求ソフトの導入とメリット

subpage1

介護事務は月末から翌月10日まで慌しい請求業務に終われます。


毎月福祉サービスの実績を国保連に郵送又は伝送し、報酬の9割が施設や事業所に入ってきます。
残りの1割は利用者の自己負担金にてこちらも実績や請求を利用者一人ひとりに作成しなければなりません。



小さな事業所でも大変な請求業務ですが、100床以上の規模の大きい施設になると膨大な事務作業に追われます。
現在は、この請求業務をシステム化する事により、一段と仕事の効率が上がり煩わしいチェック作業も省く事が出来てしまいます。


実例的な例として今までは、福祉サービスの予定表を作成し、利用者担当ケアマネジャー用のデータを作成し、再度請求書に書き出す作業がありました。

対して介護請求ソフトは提供票に実績を入力しておけば、介護請求に必要な資料の作成も行える為、この一連の流れをカットする事が出来てしまいます。また、国連保への請求業務は面倒な紙ベースのデータに代え伝送でも行えますが、ISDN回線が設置されていないとこの伝送サービスが使用出来ません。

待望のYahoo!ニュース情報の公開中です。

しかし、介護請求ソフトは、この回線を設置していなくても伝送サービスが可能となります。



請求ソフトのその他のメリットとしては、現場で使用している介護ソフトと栄養士が扱う栄養マネジメント計画書、ケアプラン等と各種データをリンクさせる事が出来ます。
導入費用も自社サーバーを設置しないクラウド型タイプなら、月々低料金で導入する事が可能です。
請求ソフトは、1つのシステム構築で全職種効率よく仕事が出来る優れものになります。


また、人件費の削減にも効果的になり福祉業界ではメリットだらけのツールとなります。