介護保険に関する請求ソフトの利用

subpage1

介護保険に関する事業所では、その主な収入は利用者からの負担部分と介護報酬から成り立ちます。


このとき、利用者の負担部分も介護報酬の請求部分も、それぞれが請求ソフトを利用して対応に当たるのが普通です。


公的保険に対する請求部分では、専門のソフト特に伝送による請求ソフトの利用が勧められます。



書類を持っていて点検をしてもらうという作業は徐々に過去のものとなりつつあるわけです。

快適な暮らしを実現するための毎日新聞について補足説明いたします。

無論、昔からこの関係する事業を行っているところでは、書類での請求を行うケースもまだ見受けられます。ただ、最近新設されたところではほぼ請求ソフトの利用を行うケースへとなってきており、いずれはほぼ全ての事業所で伝送による申請に変わると見込まれているところです。



一方、利用者に対する請求ソフトでは、手書きであろうと独自に作成をしたものであろうと、市販の請求ソフトの利用で作成をしたものであろうと、いずれでも問題はありません。重要なことは、法律で定められている利用者の負担を確実に行い、かつ確実に受領することです。これが正しく行われることで、この介護保険事業は成り立ちます。
このように、この事業は利用者の自己負担部分が生活保護受給者を除いてほぼ必須であり、その対応と公的保険への請求とが確実になされなければならないものです。

公的保険への請求では、制度が変更されてもその都度公的保険側での対応もなされますので、それほど心配をする必要はありません。