介護支援専門員の業務内容

subpage1

ケアマネージャーは、介護支援専門員とも言われています。



具体的な業務内容についてご紹介したいと思います。

まず、ケアマネージャーになるためには、幾通りかの方法がありますが、一番多いケースとしては、看護師や介護士などで、現場経験を5年以上積みます。
その後、ケアマネージャー試験を受け合格したものには、合格証書が交付されます。

日本経済新聞に関する情報をご覧ください。

その後、勤務する都道府県に登録すれば、免許証が交付され、業務に就くことができます。

ケアマネージャーは、介護保険施設などで高齢者を支援し、従事する施設ケアマネージャーと在宅で生活する高齢者を支援する居宅ケアマネージャーに分かれます。



どちらも、高齢者の生活上の問題を聞き取りにより抽出し、解決に向けたケアプランを作成することに変わりはありませんが、施設で対応できる内容と在宅で対応できる内容に違いはありますので、それぞれの長所を活かしたケアプランを作成するようになります。

ケアプランをもとに、高齢者にサービスが提供され、問題が解決されていることを確認しながら、高齢者の生活をサポートしていきます。


その中で、新たな問題が発生した場合は、再度ケアプランを作成し支援していくわけです。
ケアマネージャーの介護報酬は、全て国保連から入金されるため、高齢者からの負担金はありませんが、実際にサービス提供を受けた事業所には、1割(または2割)の利用料を支払います。
残りの9割(または8割)は国保連よりサービス事業所に入金されるわけですが、この介護報酬請求業務も、代行しています。